代々木の歯科・歯医者:代々木駅前歯科~代々木駅徒歩10秒~

静脈内鎮静法

眠っている間に治療が終わります

歯科治療を受ける際に全身麻酔をしたいと希望される方もいるのではないでしょうか。通常歯の治療は局所麻酔を使用し、全身麻酔は呼吸管理の必要性等から基本的には使用しません。

しかし、局所麻酔だけで手術を行うと、痛みは軽減できても、その他の恐怖や不安、緊張などストレスは感じてしまいます。治療中の医師の声や音は聞こえてしまうのです。治療をより快適に受けていただくために、ご希望される方には静脈内鎮静法併用による手術をおすすめしています。

外科手術を伴うインプラントだけではなく、通常の虫歯治療や歯科恐怖症の方でも安心して治療を受けることができます。

静脈内鎮静法(セデーション)とは?

静脈内鎮静法とは、静脈から薬剤を点滴し、意識が薄れた状態を作る方法を指します。

虫歯治療などでも使用する局所麻酔は、痛みを軽減することはできますが、意識がハッキリしているため、不安や恐怖、緊張を軽減することはできません。
虫歯治療の、「キーン」という歯を削る音が苦手な人も少なくないと思いますが、痛みがなくても、音や振動が伝わってくるのは、大きなストレスになってしまいます。

静脈内鎮静法は、ウトウトとした半分眠っている状態を作るため、そのような治療中のストレスを軽減することができます。
そのため、静脈内鎮静法を使用してインプラント手術を受けた患者様は、「目が覚めたら手術が終わっていた」「手術時間が短く感じられた」と感じる方がほとんどです。

静脈内鎮静法による手術をお勧めする患者様

  • 嘔吐反射(物が口の中に入ると吐き気や恐怖を感じる症状)が強い方
  • 治療に対する恐怖心が強い方(歯科恐怖症の方)
  • インプラントの埋入本数が多い方・治療範囲が広い方
  • 治療中に気分が悪くなったことがある方
  • 全身疾患をお持ち方や全身管理の元で治療が必要な方
  • 気楽にインプラント治療を受けたい方

静脈内鎮静法のメリット・デメリット

メリット

  • 意識が全くなくなるわけではないので、呼びかけに応じることもできます
  • 全身麻酔のような呼吸管理が必要がありません
  • 全身麻酔とは異なり、入院の必要がありません
  • 血圧や心拍数が安定します

デメリット

  • 手術直後は眠気が残る場合があります
  • 手術当日は自動車の運転や激しい運動は避けてください
  • アレルギーがある場合には適用できません

大学病院の麻酔専門医が担当します

静脈内鎮静法をより安全に使用するために、代々木駅前歯科では大学病院の麻酔専門医が全身管理を担当します。

静脈内鎮静法の費用

静脈内鎮静法1回 65,000円
インスタグラム