代々木の歯医者は代々木駅前歯科代々木駅徒歩10秒

24時間WEB予約
平日19:30まで。土曜日曜診療あり

東京都渋谷区代々木1-38-5 KDX代々木ビル2F

口臭予防

口臭の原因

口内の汚れ

口臭の原因の80%以上は、口の中に残った食べ物のかすが腐敗したり、歯垢・歯石があることが原因です。 普段のブラッシングが足りない方、歯垢・歯石が多い方は口臭が強くなります。 また、歯並びが悪くブラッシングしにくい箇所がある場合や、被せ物や詰め物をしていてそれと歯の間に隙間があったりする場合は、そこに食べかすや歯垢・歯石がたまりやすくなり、臭いの原因となります。

唾液の量が少ないとき

唾液には細菌を殺菌・洗浄してくれる働きがありますので、唾液が十分に分泌されているときは口臭は現れません。 しかし、以下の状況などにおいて唾液が減少すると、口臭を発するようになります。

・起床時
・空腹時
・ストレス、緊張、疲労を感じているとき
・口呼吸をしているとき
・加齢(加齢とともに唾液腺が委縮し、唾液の量が減少します)
・そのほか、薬やビタミン剤の副作用など

においの強いものを飲食した後

ニンニクやお酒など、においの強いものを飲食した後は、ブラッシングでケアをしても臭いがなかなか消えません。それは、臭いの元となる成分が胃腸から肺に運ばれ、肺から息と一緒に吐き出されるためです。

病気が原因の場合

・歯周病

歯周病によって歯肉から血や膿が出ている場合、強い口臭の原因となります。 特に、歯周ポケット(歯と歯茎の間の隙間)が4㎜以上になると、他人にもはっきりわかるような口臭が発生するとされています。

・虫歯

虫歯によって開いた穴に食べ物のかすがつまると、腐敗して臭いを出すことがあります。

・過剰に付着した舌苔

舌苔とは、舌の上についている白い苔のようなものです。これが過剰に付着していると、口臭の原因となるほか、胃腸などのトラブルを疑う必要があります。

・口腔乾燥症 (ドライマウス)

ドライマウスとは、運動をしたり暑かったりしないのに口の中や喉が乾いてしまう病気です。乾燥することによって唾液の量が減少すると、口臭が発生します。 歯周病の進行が早くなったり、舌がひび割れたり痛みが出たりします。 原因は、自律神経失調、口呼吸、代謝異常、よく噛まないこと、過度なダイエット、唾液腺の病気などとされています。

・内科系の病気

慢性胃炎、肝臓病、腎不全や、糖尿病、呼吸器系の病気、蓄膿症や扁桃炎など耳鼻咽喉科の病気も口臭を伴うことがあります。

口臭の種類

1. 生理的口臭

起床時や緊張時など、上記「唾液の量が少ないとき」の原因で起こる生理的な口臭。誰でも起こり得ます。

2.外因的口臭

ニンニク、ニラ、お酒など、上記「においの強いものを飲食したとき」の原因で起こる一時的な口臭。

3.病的口臭

虫歯や歯周病などの病気が原因で口内が不潔になり起こる口臭。

4.内科系疾患による口臭

上記「内科系の病気」の原因で起こる口臭。原因が特定できれば、劇的に改善します。

5.心因性口臭(自臭症)

実際には口臭は無いのに、本人だけが口臭があると思い込んでしまうもの。口臭に対する恐怖感により、日常生活に支障が出ることもあります。

口臭の治療法

①口腔内検査

まず、原因が口の中にあるかどうかを調べるため検査をします。 虫歯や歯周病などの有無をチェック、歯茎や舌の状態のチェック、レントゲン撮影、唾液の検査などを行います。

②歯垢の染色検査

磨き残しで歯垢が残っていないか検査します。口の中の状態を視覚的に把握することができ、それをもとにブラッシング指導を行うこともできます。

③口臭の有無を判定、原因を特定する

実際に口臭があるのかどうか判定し、その原因を特定します。

④原因ごとに治療を行う

原因が口の中だと特定されれば、ブラッシング指導、歯石・歯垢の除去、クリーニングなどのほか、虫歯や歯周病があれば治療を行います。 原因が口の中以外だと特定されれば、内科系疾患の疑いがあるため、それぞれの診療科を受診していただきます。 心因性口臭(自臭症)の可能性があれば、必要に応じて心療内科のご紹介も行っております。

口臭の予防法

*唾液の量を減少させないよう、水分を十分に摂ったり、よく噛んで食事をしてください。また、ストレスや疲れをためないことも重要です。 また、舌で舌の付け根を刺激すると、舌下小丘という唾液が出るところが刺激され、唾液の分泌が促進されます。
*口の中に食べかすが残らないよう、毎日丁寧にブラッシングをしてください。
*舌用クリーナーや舌用ブラシで舌苔を除去することで口臭を予防することができます。ただし、過剰な除去は逆効果になりますのでご注意ください。
*水でうがいをするだけでも口臭が消える効果があります。強い口臭の方はマウスウオッシュも効果的ですが、過剰な使用は避けてください。
*食後に緑茶を飲むことで、口臭を抑える効果があります。緑茶に含まれるカテキンには消臭効果があります。
*レモンや梅干しには唾液の分泌を促す効果があります。
*起床時や空腹時の口臭はどなたにもある生理的なものですので、あまり気にし過ぎないことも必要です。もし気になるようでしたら、原因を特定するためにご来院ください。
大きい地図をご覧になりたい方はこちら

〒151-0053 東京渋谷区代々木1-38-5 KDX代々木ビル2F


※土曜日は9:30~13:00 14:30~17:30​ 

 
午前診療:10:00~13:30 ×
午後診療:15:30~19:30 ×