代々木の歯医者は代々木駅前歯科代々木駅徒歩10秒

24時間WEB予約
平日19:30まで。土曜日曜診療あり

東京都渋谷区代々木1-38-5 KDX代々木ビル2F

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、歯と歯ぐきの間の細菌の感染によって炎症が起きる病気です。歯と歯肉の境目を歯肉溝と言いますが、その歯肉溝の清掃が行き届いていないと多くの細菌がたまってしまい炎症がおき赤くなったり腫れたりします(この段階では痛みが出ることはほとんどありません)。進行すると歯と歯肉の境目である歯周ポケットが深くなり、歯を支える土台である歯槽骨を溶けて歯がぐらぐらと動くようになってしまい、最後には歯が抜けてしまう非常に恐ろしい病気です。
歯周病は20代のころから歯肉の中で進行しはじめると考えられています。50代、60代(個人差があります)に歯が揺れてきたり歯肉が腫れたりしてくる病気です。痛み等の症状が出てくる頃にはかなり病気の進行が進んでいることが多い、静かな病気です。
日本人の成人の80%が歯周病に罹患している、成人の歯の失ってしまう最大の原因の病気です。

歯周病の症状

歯周病は初期の段階では痛みがほとんどありません。普段から気をつけるようにして、ご自身でのセルフチェックをすることをお勧めします。

□ 歯を磨くと血が出る。
□ 朝起きると、口の中がネバネバする。
□ 歯肉がむずむずする、痛い。
□ 口臭が気になっている。
□ 歯肉が赤く腫れている。
□ かたい食べ物が噛みにくい。
□ 最近歯が長くなったような気がする。
□ 歯と歯の間に隙間ができ、食物が挟まる。
*上記の項目で3つ以上あてはまる場合は、歯科医院で相談することをお勧めします。

歯周病の進行段階

歯肉炎

歯周ポケット内に歯石やプラークが付着した状態で、歯肉が炎症を起こします。ブラッシングやフロスで出血するようになります。このときの歯周ポケットの深さは2~3ミリ程度です。この段階でしたら、正しいブラッシングとスケーリング(歯科医院での歯石除去)で元の健康な状態に戻すことができます。

歯周病初期

歯肉炎から細菌感染が進んだ状態です。症状は歯肉炎とほとんど同じで、ブラッシングやフロスで出血します。歯周ポケットの深さは3~4ミリ程度です。感染の進行により、歯根と歯肉を接着している組織が破壊されます。この時点では歯周病であるという感覚はほとんどありません。

歯周病中期

歯肉の炎症がさらに進んでしまい、赤みが増し、腫れぼったくなります。歯周組織の破壊がさらに進み、歯周ポケットが深くなってきます(4~5ミリ程度)。深くなったポケットにさらに歯石がたまり悪化します。人によっては歯周病の進行を自覚することがあります。

歯周病重度

炎症がさらに進んで、歯肉が赤くブヨブヨした状態になります。歯周組織の破壊が進み、歯を支持している骨が少なくなります。ブラッシングすると、出血だけではなく膿が出ることもあり、また、強い口臭などの症状が認められます。この重度の状態でも、進行に気づきにくい場合もあります。歯周ポケットは5ミリ以上です。

歯周病末期

歯肉は赤紫色に腫れ上がり、触っただけでも出血したり膿が出て、口臭も非常に強くなります。歯肉も退縮し、歯が長くなったように感じ、歯と歯の間の隙間も目立ちます。歯がグラグラと動揺し、噛む力が弱くなります。このまま放置すると、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病と全身疾患

歯周病はお口の中だけでなく、他の全身疾患とも関係していると考えられています。その中でも糖尿病は合併症の一つと言われてきました。実際、糖尿病の人はそうでない人と比較して歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いという調査報告があります。
さらに最近では、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼす可能性があるのです。
歯周病治療で糖尿病も改善することも分かってきています。
その他にも次のような疾患も歯周病と関係しています。

  • 狭心症、心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 低体重児、早産
  • 誤嚥性肺炎
  • 骨粗鬆症
大きい地図をご覧になりたい方はこちら

〒151-0053 東京渋谷区代々木1-38-5 KDX代々木ビル2F


※土曜日は9:30~13:00 14:30~17:30​ 

 
午前診療:10:00~13:30 ×
午後診療:15:30~19:30 ×