代々木の歯医者は代々木駅前歯科代々木駅徒歩10秒

24時間WEB予約
平日19:30まで。土曜日曜診療あり

東京都渋谷区代々木1-38-5 KDX代々木ビル2F

抜歯即時荷重インプラント

抜歯即時埋入インプラントとは

抜歯即時埋入インプラントとは、抜歯と同時にインプラントを埋入する術式のことを言います。 通常のインプラント治療の場合、抜歯が必要と判断された歯を抜歯した後、傷口が治り、骨が安定するのを待ってからインプラントを埋入する必要があります。

この方法のデメリットとしては「治療期間が長期間になってしまう」、「骨がやせる」というものが挙げられますが、これらの欠点を解決して患者様の負担を軽減したのが抜歯即時埋入インプラントです。

抜歯直後は、身体の治癒が早いため傷口が治りやすく、抜歯した箇所の骨の回復も早いので、抜歯即時埋入インプラントを行うことで通常よりも治療期間を非常に短縮することが可能になります。また、従来のインプラント治療とは異なり歯肉の切開をしませんので、身体への負担はかなり軽減されるというのがこの術式のメリットと言えます。

抜歯即時埋入法のメリット

切開しなくてすむ

抜歯した後の穴にインプラントを埋め込むため、切開しません。

治療期間が短い

抜歯してから約1年かかっていたインプラントが、半分以下の約4ヶ月で治療が終わる。

処置後に腫れない

切らないので腫れません。

痛みが少ない

切開しないので抜歯だけの場合と痛みがほとんど変わりません。

2回していた外科処置が1回で済む

抜歯して傷口が治ってから処置をするために新たに切開をしていましたが、抜歯のときに行うために外科処置が1回減ります。

審美的に優れている

抜歯をして、しばらくすると骨、歯肉がなくなり、左右非対称の歯ができてしまっていましたが、抜歯即時埋入をすることで、骨の吸収および歯肉の退縮がとめられるため、審美的にきれいな歯が入ります。

抜歯即時埋入法のデメリット

骨の形によってインプラントを埋め込むこと・固定させることが難しい場合がある
薄い組織では適切な結果が得られない
歯ぐきを適合させるのが難しい場合がある
追加の手術が必要な場合がある
高い技術が必要とされる

治療の流れ

治療前

抜歯

仮歯を装着

上部構造を装着

大きい地図をご覧になりたい方はこちら

〒151-0053 東京渋谷区代々木1-38-5 KDX代々木ビル2F


※日曜日は休診です。 

 
午前診療:10:00~13:30 ×
午後診療:15:30~19:30 ×