代々木の歯医者は代々木駅前歯科代々木駅徒歩10秒

JR代々木駅徒歩10秒
平日19:30まで。土曜日曜診療あり

東京都渋谷区代々木1-38-5 KDX代々木ビル2F

歯は抜かない方が良いのか?

こんにちは。
副院長の添島です。

最近、歯は抜かない方が良いのか?と患者さんに聞かれる事が続いたので、ブログで書こうと思います。
もちろん、歯を保存することはとても重要であることは間違いありません。
うみが存在していたり、歯が割れている場合などは、抜歯します。
しばしば「歯は絶対抜かないで治療してください」と患者さんに言われることがあります。
実は、多くの歯科医師は、どうしても抜かなければならない歯を1年程度残すことができます。
患者さんには「抜くしかないと思っていたが治療できた!」と喜ばれることが多いので、我々はどうしてもいわゆる「応急処置」をしてしまいます。実はこれには大きなリスクが潜んでいます。

早急に抜歯しないと、隣の歯がダメになってしまったり、影響を受けて著しく周辺の歯の寿命が減ってしまうことが少なくありません。 実は、その歯、単体の寿命も大切ですが、その周囲の歯や、咬み合わせの方がもっと大切なのです。
「この歯は前の先生が何とか残してくれたけど、噛むと痛いから結局噛まなかったよ」とおっしゃる患者さんも多いです。

 

当院では、拡大鏡やCT、マイクロカメラなどを使用して患者さんにきちんと現状を把握してから治療を始めますので、
歯をどうしても抜きたくない、という患者さんにも、そうした場合のメリット・デメリットは資料をもってお伝えしています。

世の中には、「歯を残してくれる歯科医は上手」「抜かない先生が上手」という風潮があります。
しかし、将来を見据えてしっかり診断をして、抜歯をすることは、その他の歯を結果的には残す事となる。
数年後を見据えて、本当に有益な判断をしていただくために、説明して理解していただくことが大切だと感じます。

以上、個人的な見解も含まれているので、「実際に私はどうなの?」と思われる患者さんはご相談ください。

代々木駅前歯科 代々木駅徒歩10秒 新宿・渋谷区 インプラント・矯正・審美専門医在籍

  カテゴリ:スタッフブログ

大きい地図をご覧になりたい方はこちら

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-38-5 KDX代々木ビル2F


※日曜日は休診です。 

 
午前診療:10:00~13:30 ×
午後診療:15:30~19:30 ×